読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめの降るトコ

いつか雨が止み、そこには虹がかかるんだよなぁ

最高に気持ちいいオナニーの方法

こんにちは。れいんです

今日は最高に気持ちいいオナニーの話をしようと思います。

 

1)発見した経緯

本日3月6日の英語の期末試験中に、無性にムラムラしてきて筆が進まなかったので、女の子を想像することでケアしようと思いクラスの"脚ちゃん"(僕は女の子の名前を覚えるのが苦手なので、その子の特徴的な部位で覚える)の脚を想像していた所

「あの黒タイツ脚に挟まれてぇな……」とふと思い立つ

 善は急げ!と思いテストが終わったらすぐに家の近くのコンビニに黒タイツを買いに行きました。

f:id:reeky0509:20170306155923j:image

意外と高いんですね。300円程かと思ってたら2つで1000円超えてました。

(英語のテストはたぶん追試)

 

2)黒タイツ履いてみた

黒タイツを使うことは確定してはいたものの、具体的にどう使うかはまだ決まっていなかったので試行錯誤。

とりあえず黒タイツを履いた。意外と自分の脚が細いことがわかった。

いつものオナニーのように動画(http://movie.eroterest.net/)を片手にシコってみるも、これじゃあただタイツ履いてシコってるだけやんけ……と思ったのでローションを使うことに。

これが過ち

 

3)そして最大の過ちへ

ローションをちんこにつけてシコシコすること数分………

"ただローションつけてシコシコしてるだけやんけ"

たぶん気がついてはいけないことだったんだろうと今でも思う。

せや!ローションもっと沢山付けたろ!!

買ってきた700円の黒タイツはローションまみれでもう二度と履けなくなった。

けど………

            イケない!

 

たぶん動画のシコリティが低かったのが原因なのだが、もう手はローションまみれでスマホを触ることは出来ない。

ここで僕は新しくオカズを追い求める。

 

そう

 

自分の脚である

元々"脚ちゃん"の脚でオナニーしていたようなものなので、それと遜色のない自分の脚でオナニーを始めてしまった。

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

ウッ!

 

 

…………自分の脚でシコる日が来ると思わなかったです。

 

 

自分の脚でシコってしまったという虚無感。

一瞬で使い物にならなくなった黒タイツへの喪失感。

致す前より明らかに減っているローションへの罪悪感。

ローションでベタベタのちんこ。

 

人生最大の賢者タイムを味わった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:reeky0509:20170306163017j:image